SATOメソッドとは

SATOメソッド(佐藤式気功・スピリチュアル・ヒーリング)は、「だれでも、どこでも、いつもできる」とても簡単に足裏までグラウンディングして、心身ともに安定する気功です。一般的に知られているスピリチュアル・ヒーリングに新しく自分自身の内側から気をわき上がらせるオリジナル・ヒーリングが加わり体と心と魂を癒します。心身を健康にし潜在能力だけでなく、人生の充実感や生きがい感までも高めます。また、丹田へのグラウンディングに比べ、足裏へのグラウンディングはサムシング・グレートから直接内界の気を受け、体内の邪気をサムシング・グレートへフィードバックできることにより実現できました。グラウンディングは足裏よりさらに下がり、地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下がることにより深い瞑想しながらでも私生活やビジネスができます。

SATOメソッド(佐藤式気功)を一言でいうと?

about_01SATOメソッドは、目に見えないエネルギー=「気」を通して、皆さんの心と体の健康を守るお手伝いをしています。

一般的にエネルギー・ヒーリングと呼ばれる代替医療の分野のうち、SATOメソッドはスピリチュアル・ヒーリングに分類される独自の施術法です。

SATOメソッドは、スピリチュアルな癒やしを含むスピリチュアル・ヒーリングとSATOメソッドオリジナル・ヒーリングによって「体・心・魂」を癒す実践法として、心身の不調の改善や自己啓発など、さまざまな問題の解決に取り組み、効果を上げてきました。

SATOメソッドは技法的に難しいことは何もなく、誰でも簡単に身につけることができる健康法といえます。

エネルギー・ヒーリングの分類

  • スピリチュアル・ヒーリング
    いわゆる霊的な治療で、手や想念(思念)を通じてエネルギーを送る施術です。施術者がより高次元エネルギーの「通路」となることで、そのエネルギーが伝えられます。
  • サイキック・ヒーリング
    一般的な気功(呼吸法)や操体法などを通じて、身の回りのエネルギー(気)を施術者がいったん体に取り入れて、それを受け手に送る施術です。
  • フィジカル・ヒーリング
    施術者自身の力により、直接人の体に施術します。按摩や鍼灸などがこれにあたります。

SATOメソッドを体験して、「気の重心」を足裏まで下げグラウンディングさせるコツをつかもう!

SATOメソッドの特徴のひとつに、「気の重心」を下げると言うことがあります。
「気の重心」という表現は、SATOメソッド独自のもので、「気のエネルギーが集約して感じられる場所」というようなイメージです。

SATOメソッドの施術を受けたり、自己トレーニングを進めていくと、気の重心が、いわゆる臍下丹田よりも下の、足の裏まで下がります。
これはまるで足の裏が地面に吸い付いたような安定した感覚で、SATOメソッドではこの感覚を「足うら重心」と呼んでいます。
この「足うら重心」の感覚が実感できることが、SATOメソッド習得の第一歩といえます。気の重心が「足うら」まで下がるのはオリジナルヒーリングが加わったからです。

SATOメソッド(佐藤式気功)のメリット

世の中にはさまざまなエネルギー・ヒーリングがありますが、いったん自分が施術による感覚を体得後、練功を必要とせずに自分でいつでもどこでもこの感覚を思い出せる、という点でこのSATOメソッドは大変ユニークで優れています。

SATOメソッドは、基本的に5回、施術を受けていただきます。なぜ5回かというと気の重心が足裏に下がる方が80%いるからです。しかし、5回しか受けられないのではなく、納得いくまでに何度でも受けられます。

この受療の中で、ご自身の体で「気の重心」を下げる感覚を覚えたら、以後、「浄化・再生」と心の中で唱えることで、時間・場所を問わずその感覚を思い出せるようになります。

「気の重心」が頭に上がって体調が悪いと感じたときなどに、この感覚を思い出すことで、「気の重心」を下げ、体調の改善を図れます。

SATOメソッドなら、だれでも、どこでも、いつでもかんたんに気のエネルギーを内側からわき上がらせることが出来ます。

SATOメソッドと、一般的な気功との違い

  • 一般的な気功に比べ、SATOメソッドではシンプルな方法で誰でも簡単に短期間で気の重心を足裏まで下げ、グラウンディングさせることができる
  • SATOメソッドは、好転反応が出にくい、あるいは出ても穏やかである。
    (好転反応とは、慢性疾患が、自然治癒力によって快方に向かう課程で現れることがある様々な身体的反応。治癒と共に反応も終わる)
  • 呼吸法を意識しなくていい。
    (意識しなくても自然に深く静かな呼吸になる)
  • 邪気が出ない。

だれでも、どこでも、いつでも簡単に できるSATOメソッドの自己トレーニング

SATOメソッドの対面式外気功を受療した後は、ご自身でも簡単に自己トレーニングが行えます。
自己トレーニングとして、「浄化・再生モード」には3つの方法があります。

  1. 時間が多くとれる時は、オリジナルCD「慈しみ」を使いながら両手を下腹部に当て、目をつぶりながら1回心の中で「浄化・再生」とつぶやく。
    (10分~30分間体感する)
  2. 時間が少しとれる時は、オリジナルCDを使わないで両手を下腹部に当て、目をつぶりながら1回心の中で「浄化・再生」とつぶやく。
    (1分-3分間体感する)
  3. 時間がとれない時は、目を開けたまま、家事や仕事などをしながら、1回心の中で「浄化・再生」とつぶやく。
    (体感に意識を向ける必要はない)

SATOメソッドの秘密

about_03SATOメソッドでは「気の重心」は足裏まで下がりますが、更にその下、地球の中心、そして宇宙の中心、さらには宇宙の中心の内奥(時空のない非物質宇宙→霊的宇宙→サムシング・グレート)まで下がります。

サムシング・グレートから創造された霊的宇宙、時空のない非物質宇宙、時空のある物質宇宙には意識体Ⅱ、意識体Ⅰ、肉体がいてすべてに意識が宿っています。意識があるから3つの宇宙が繋がりやすいのです。

SATOメソッドには外界の気と内界の気があります。内界の気は「浄化・再生」をコネクトすることによりサムシング・グレートと肉体が直接つながり、瞬間移動して湧きながら下丹田、中丹田、上丹田の深部(潜在意識)に入ってきます。その後、外界の霊的宇宙の意識体Ⅱと時空のない非物質宇宙の意識体Ⅰと時空のある物質宇宙の地球の中心とつながり、肉体の頭頂部と足裏の浅い部位(顕在意識)に入ってきます。それが外界の気になります。また、頭頂部から入ってくるのを「宇宙の叡智」といい、足裏から入ってくるのを「大地の力」と呼びます。

90年代の外界の気は呼吸法やイメージを使って、スピリチュアルヒーリングをしていました。21世紀に入って、「言霊」を使って一度サムシング・グレートと繋いで内界の気を体内に呼び込んでから、意識体Ⅰ、意識体Ⅱと地球の中心と繋がり外界の気を呼び込むSATOメソッドオリジナルヒーリングになりました。気の重心を足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下がるのは内界の気の働きによるものです。気の重心を下げることはグラウンディングすることでもあります。宇宙の中心の内奥までグラウンディングするとサムシング・グレート(ワンネス)を直接感じている深い瞑想状態で私生活やビジネスができることでもあります。肉体を持ちながらアセッションができます。

この意識の根源=気の根源とは、遺伝子工学の権威・村上和雄先生が提唱されている「サムシング・グレート」の世界 ― 偉大なる何か、あるいは大いなる存在としかいいようのないものからもたらされるものだと思います。